現代の名工 拝受
型付作業風景
平成20年11月厚生労働省より「現代の名工」を拝受

江戸更紗(ペルシャ)と江戸小紋(市松取り江戸小紋)
120222_____________.jpg
お知らせ
●開館日:月曜日~金曜日
(祝日除く)
但し、土曜日は3日前までに
要予約の方のみ
●開館時間:13時~17時
(土曜日は12時~17時)
携帯からアクセス
qr_cord.gif

染作業行程

着物の染色のことなら何でもご相談ください。

ステンレスの高圧釜の設備があり、染料は分散染料、反応染料、ラビット染料、酸性染料、直接染料、含金染料、着色抜染染料、皮革を染める染料などすべての染色に対応できる工場です。 人数も10人で一団となり、染色に常に勉強しチャレンジして前向きに頑張っております。製品内容としまして、極の江戸小紋、江戸更紗、絹の半纏、楽屋のれん、木綿の絵羽浴衣、ポリエステルの染色を大量、少量生産にかかわらず、御用命、御注文お待ちしております。

1 工場内 2 型紙の彫刻 型紙自体が芸術品
3 色糊の調整色合わせはセンスの見せどころ 4 型付け 最も神経を使います
5 地色染め(しごき)準備 6 地色染め(しごき)
7 均等に塗り付けないとムラになります 8 重要な役目のおがくず
9 地色染め(しごき)の上に撒きます 10 撒いた状態
11 蒸して染料を定着させてます 12 のりを洗い流します
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
染工場より直接販売始めました。
DSC00327
新しい時代だかこそ伝統ある日本の文化、着物で装いませんか? より良い伝 統の手染の高度な技術の和装製品を染工場より直接販売しております。

※ページメニュー右端「商品販売」にて販売商品のご紹介を行っております。

江戸小紋・江戸更紗 博物館
江戸小紋・江戸更紗の染技術資料と、事前にご予約頂ければ染の体験が出来る設備を併設した博物館として開設しております。
8名様以上で来られる際はお手数ですが予約をお願い致します。
過去の記事